ソフトウェア

Java実行環境のインストールと設定

学校評価支援システム(調査票作成/読み取りソフト)」を利用するには、「Java実行環境(Java SE Runtime Environment)」が必要です。
ご利用のPCにJavaがインストールされていない場合は、下記リンクから「Java(バージョン 6 アップデート 23)」をダウンロードしてインストールしてください。

バージョン 6 アップデート 24 以降のJavaでは「かんたん調査票作成ソフト」および「かんたん調査票作成ソフト」は動作しません。詳しくは、トップページの「大切なお知らせ」ご覧ください。

Javaの設定
  1. コントロールパネルの「Java」を開く
  2. 「詳細」タブを開く
  3. 「セキュリティ」の項目の「混合コードセキュリティ検証」の設定で、
    「検証を無効にする」を選択する。
  4. 了解ボタンを押す。

調査票を作る

『かんたん調査票作成ソフト』の起動
SimpleEditor 普通紙でマークシート形式の調査票を作成できるソフトウェアです。 調査票を作成・保存後、プリンタで出力し、印刷機で必要な数を印刷して利用できます。
下のボタンを押すと最新版ソフトウェアが起動します。

かんたん調査票作成ソフトで作成した調査票をSQSで編集する場合は、下記リンクから「SQS SourceEditor 2.0」をご利用ください。 SQS開発サイトで現在公開しているSQS 2.1で作成した調査票は、かんたん調査票読み取りソフトで読み取ることができません。

調査票を集計する

『かんたん調査票読み取りソフト』の起動
SimpleReader 調査票のマークを認識・集計することができるソフトウェアです。 回収した調査票をスキャナで読み取った後、『かんたん調査票読み取りソフト』で処理をすると、Excel形式の集計表、集計結果のグラフ画像、自由記述の画像一覧を自動作成できます。
下のボタンを押すと最新版ソフトウェアが起動します。

調査結果を分析する

『かんたん課題分析データベース』の利用
SimpleEditor かんたん調査票読み取りソフトで処理した結果ファイル(TSVファイル)、原稿PDFおよびSQSファイルをデータベースに登録すると、自動的に課題分析を行います。 かんたん調査票作成ソフトで作成された、ニーズ調査(重要度-実現度)形式に対応しています。
下のボタンを押すと課題分析データベースのウィンドウが開きます。

かんたん課題分析データベースは、ユーザーIDの発行を自動的に行える新システム「かんたん課題分析データベース 2.0」へ移行しました。 これまでは大学からID・パスワードを発行していましたが、現在は、ご自身でユーザー登録を行うことでシステムをご利用いただけます。
上のボタンを押して、ユーザー登録を行ってください。